ちょっとしたコツでできるひとつ上のワックスがけ

イチオシ

  • ワックスで得られるメリットとは?

    フローリングワックスのメリット フローリングの床を少しでも長く…

    » 続きはコチラ

  • フローリングワックスをかける最適なタイミング

    フローリングワックスで得られる効果 フローリングにワックスをか…

    » 続きはコチラ

フローリングワックスを行う際のコツ

フローリングワックスを行う時は、フローリングに汚れがこびりついている場合は使わないカードを使うことで、汚れを取ることができます。
その際、洗剤を使う際は中性洗剤を薄めたものを使うのが重要になります。
なぜなら、洗剤によってフローリングが剥がれる原因になるからです。
さらに、フローリングに洗剤が残るとワックスがムラになるので、洗剤を使って汚れを取ったら水拭きを行うのがポイントです。
この時、水拭きを行った後にフローリングワックスを行うのでなく、乾拭きしてフローリングを乾燥させた後にワックスをかけます。
そして、ワックスの塗り方としてマイクロファイバーのクロスをフローリングワイパーに装着して塗ります。
床にワックスをかけて馴染ませるように塗っても問題ないですが、コツとして部屋の奥から手前にかけて塗るのが大切です。
なぜなら、部屋の手前からワックスを塗ると自分の立つ場所がワックスかけした上になるからです。
また、木目に沿ってワックス塗りを行うことで塗りムラが出来ないように注意する必要もあります。
そして、フローリングワックスを行った後は、フローリングを乾燥させることになりますが、乾く前に水をこぼすとフローリングに後が残ることになります。
フローリングワックスを行う際は、洗剤を使って汚れを取ったり水拭きをした場合、乾拭きしてフローリングに洗剤や水気が残らないようにするのがコツです。

フローリングワックスを自分で塗るには

フローリングワックスは床をキレイにすることが出来ますが自分で塗るには少しコツがいります。まずワックスを塗るのは晴れた日を選ぶのがポイントです。湿度や気温が高すぎるのはあまり良くないのでちょうどいい日に決行しましょう。そして床にある埃を掃除機でキレイにしたあとは床の水拭きをして更に汚れを落としていきます。ここで一度床を乾かさなくてはなりません。家具などを置いたままの状態でワックスを塗る際はワックスを塗らない部分が分かるようにカラーテープなどを貼って印を付けておくと良いかと思います。ワックスを塗っている途中で髪の毛などが落ちてしまうことも考えられるので気になる方は初めから帽子を被るなどの対策をしておくのがオススメです。ワックスを塗ったあとは当然のことながらよく乾かさなければいけません。これだけの作業を自分でするとなれば思っている以上の時間がかかると頭に入れておいて下さいね。それなりに体力も消耗しますがフローリングワックスによってキレイになった床を見たら達成感も生まれます。使用するワックスによって光沢や耐久性など仕上がりに違いがあるので自分に適したワックスを選ぶところからのスタートとなります。
このように、様々な手間がかかるのが自分で行うワックスです。むらができることもありますので、自信のない方は業者に任せてしまうのがおすすめです。

Copyright(C)2017 見た目だけじゃないフローリングワックスをかけるメリット All Rights Reserved.