正しい手順を知ってぴかぴかのフローリングを

イチオシ

  • ワックスで得られるメリットとは?

    フローリングワックスのメリット フローリングの床を少しでも長く…

    » 続きはコチラ

  • フローリングワックスをかける最適なタイミング

    フローリングワックスで得られる効果 フローリングにワックスをか…

    » 続きはコチラ

フローリングワックスの正しいかけ方の手順

フローリングワックスはホームセンターなどでも購入が可能で、素人でもかけることが可能です。床を傷や汚れから守ってくれますから、床が新しいうちにかけておくと安心です。そんなフローロングワックスに挑戦する場合は、失敗しないための正しい手順があります。難しいことは何もないので、ぜひこの手順を守って行うようにしましょう。
まずフローリングワックスをかける前には、床の汚れやごみをしっかりとっておくことが重要です。汚れたままワックスでコーティングすると、見た目に美しくありません。掃除機を丁寧にかけた後は、中性洗剤を含ませた雑巾で床をふき取りましょう。油汚れなどもしっかり取り除いたら今度は水拭きをして、洗剤成分を取り除きます。ここまで終了したら、床をしっかり乾燥させます。湿気が多い雨の日は避けた方が良いでしょう。
しっかり床が乾いたら、次はいよいよワックスがけです。ここでの手順で気を付けたい点は、どこからスタートしてどうかけていくかです。部屋の奥から手前に順番にかけていけば後で困ることがなく、途中で休憩しても分かりやすいでしょう。またワックスをかける時は、床の方向に沿ってかけると綺麗に仕上がります。塗り残しやムラに気を付けて丁寧にかけたら、後はしっかり乾くまで待ちましょう。

フローリングワックスを行う順番

フローリングワックスを行う際は、順番を守ることが重要になります。
なぜなら、フローリングに髪の毛やゴミが残っている状態でワックスをかけると、フローリングに固まることがあるからです。
なので、ワックスをかける前に木目に沿って掃除を施すことでフローリングに髪の毛やゴミが残らないようにします。
この時、板の継ぎ目にホコリが引っかかるので、掃除する際は十字の方向に行わないのが無難になります。
また、掃除機を使ってフローリングを掃除する時は、木目に沿って掃除機をかけることで髪の毛やゴミを吸い取ることができます。
掃除機をかけた後は、ウェットタイプのフローリングワイパーで水拭きすることで、フローリングを綺麗にするのがポイントです。
ちなみに、モップで水拭きすることもできますが、水拭きした後は乾拭きしないと雑菌が発生してフローリングが臭うことになります。
また、フローリングに水気が残っている状態でワックスをかけると、ワックスがフローリングに乗りにくくなるので塗りムラが出来やすくなります。
つまり、フローリングワックスを行う前に掃除をすることは、フローリングワックスの効果を高めることに繋がります。
そして、フローリングワックスを行う順番を守ることでフローリングを綺麗な状態に導くことが可能になります。

Copyright(C)2017 見た目だけじゃないフローリングワックスをかけるメリット All Rights Reserved.